本コースの内容を説明する前に当塾の教育方針である「英語の教科書を使った学習方法」をまとめてみました。

教科書だけで十分

中学生・高校生は学校の英語の授業を予習・復習し、教科書をしっかりとマスターすることが重要です。

教科書の内容をしっかり理解し、定期試験に向けて準備をしっかりとすることで、大学受験や英検に向けた基礎的な英語力がつきます。中学・高校で学ぶ教科書に書かれた基礎的な知識が無しでは大学受験などで応用力をつけることが難しくなります。

当学院では中学校・高校での教科書を使った学習をおすすめしております。

当学院に通う・通わないに関わらず、英語の学力を上げるには、学校の授業を理解し、教科書をマスターすることが重要です。まずは、学校の英語の授業をどのように理解するかをまとめてみました。

具体的な学習方法

予習する

まずは、英語の授業の前に予習することが大切です。

授業の前に、わからない単語を英和辞典を使って調べます。

紙の辞書・電子辞書のどちらでも良いのですが、一回で目に入る情報が多い紙の辞書がおすすめです。英単語を覚えることに意識を集中すると勉強が嫌いになりますから、覚えようと意識せずに、まずは、意味調べ的な感じでOKです。

単語の意味を調べた後で、可能であれば、教科書を黙読しながら、教科書の意味をしっかりと考えます。

余力がある方は、教科書の英文を日本語に訳してみるのも良いのですが、わからない英語を辞書で調べて、教科書の意味をなんとなく理解できれば、授業の予習は完成です。

受業をしっかりと聞く

授業ではしっかりと英語教師のお話を聞き、教科書の内容が理解できるようにします。

教科書の内容が分からない場合には、教師に確認します。学校で質問することが恥ずかしかったり、教師との相性が悪い場合などは、当学院のような完全個別指導の塾にて予習復習を徹底されることをおすすめいたします。

わからないところを残したまま、先に進んでしまいますと、授業にについていくことができなくなります。

復習が一番重要

授業の後は、復習を繰り返すことで理解が深まり、記憶が定着します。

復習は音読です。音声CDを聞きながら、教科書を見ながら声をだして、暗記する位までしっかりと音読を繰り返すだけで、英語力はアップし、定期テストの点数はアップします。

音読を中心とした学習をしっかりとすれば、英単語のスペルなど、書き取り練習しなくても自然に頭に入ってきますし、単語帳の作成も不要です。単語だけノートに書取りをするよりも、英語力がアップします。

教科書を暗記できるくらい音読を繰り返すという単純で簡単な学習方法ですが、ぜひ、お試しください。

教科書で意味を忘れた英単語があれば、英和辞書で意味を調べます。英語が好きな生徒であれば、辞書をしっかりと読んでみると面白い発見があります。おすすめです。

単語帳などもあえて作る必要もありません。

教科書の音読は最強の学習方法です。音読を繰り返し、教科書の内容を自然に頭の中にインプットすることで、定期試験はもう恐れることはありません。

なぜ、参考書を使わないのか?

一般的な英語塾では教科書以外の教材を使い学習を進めております。

学校の教科書という最高の教材以外のテキストを使うことは、学習量が増えるだけです。教科書以外のテキストを使うことは最終的には回り道になります。

学校の教科書をメイン教材に使い、補助教材として教科書に準拠した問題集などでチェックしながら、学校の授業を完璧にマスターするのがこのコースの狙いです。

学校の授業と違うテキストを使って学習をすると、同じ目標に向かって、二つの教材を使うことになり、時間が無駄となります。他のテキストなどを使うのであれば、教科書に完全に準拠した問題集や参考書などの教材をおすすめいたします。

当塾でのサポート

学校の授業についていけなかったり、質問をしたいけどできないと感じる方には、この「中学、高校の授業の予習・復習」コースはおすすめです。もちろん、高校入試・大学入試を念頭にレベルの高い授業にも対応することができます。

オンラインで授業を行うので、親御さんの塾の送り迎えも不要ですし、お好きな時刻にご自宅で、英検1級取得済みの講師からマンツーマンの授業を受けることができます。

教科書を軸に、学校の授業の補修から、発展的な内容までアドバイスすることができます。

海外赴任約4年、海外出張の経験豊富な英検1級の講師が、教科書を使って、英文法、英作文、英会話、リスニングなど英語の4技能を伸ばす完全なマンツーマンのオンラインクラスです。